宇宙の片隅の記

神秘主義的思考により世界・社会・実存について考える

人間関係および恋愛の関係について考えた

前エントリから記事を分割して追記しました。)そんなこんなで色々あって、療養のためにとある温泉施設に行き、そこで風呂につかりながら人間関係とはどういうものだろうと考えていたわけです。

そして思ったのはつまるところ人間関係というのは、どのくらいの頻度でその人に会うということでしかないのではないだろうか。物理的な距離と精神的な距離ということを考えると、例えば友達でもなんでも誰かがいたとして、物理的な距離が遠くてもその相手との精神的な距離が近ければ頻繁に約束して会ったりするのだろうし、逆に物理的な距離が近くても精神的な距離が遠い人ならたとえ同じ町内にすんでいても全然会わなかったりするのだろう。(この話は人間関係といっても職場や友人の間のコミュニケーションの話ではありません。)

それで友達の場合、たまに会って話すといっただけの間柄でも誰かと永続的な関係を築いていけるのだろうかと考えると、私にとってはとても難しいわけです。もともと人づきあいが駄目だしもちろん今も頻繁に会う友人は一人もいなく、東京に住んでいた時は友人は少しはいたのですが、一人は突然電話がつながらなくなり蒸発しました。といってもその人ともう一人の共通の友人も連絡先は教えてもらってないので、私が嫌われたわけではないと思います。

まあそれは余談ですが、この前友人と電話で話した時に(人間同士の関係について)私は結局のところ恋愛しかないということを主張したのですが、私のように普段一人でいることが苦にはならない、だけどいつも一人なのはつらいし時には誰かと関わりたい、そうした人間が一気に恋愛の超越性のほうに向かってしまうのは、どうしてなのでしょうか。それは詰まるところ、今自分はこんな状況で人と関わりもうまくできないけれど、いつかは空から美少女が降ってきてそれが運命の相手で、あとは何もかもがうまくいくというようなオタク的願望のように思うのですが、ここではもう少し別の角度から考えてみます。

私が最終的なところ恋愛しかないと思うのは、恋愛という要素がないと人間のあいだの強制力が働かないと思うからです。東浩紀の著作「ゲンロン0」第二部に家族の話があり、家族という関係は強制力が伴うといった意味合いの論が展開されていて、これは私の周辺ではずっと話題になっていたわけですが、恋愛はまさにそうした強制力を伴ってまあ差し当たり世間一般の恋愛のゴールは結婚ということで家族という関係になることで落ち着くわけです。また遠距離にすんでいても恋愛感情があれば会いたいと思えるだろうし、そうして結婚すれば結局はずっと一緒にいるわけで、物理的な距離は最も近くなり、そして精神的な距離も近くなるのが幸せな結婚なのだろうが、そうした結婚生活を実現している人はいないわけでは全くないというか多くはなくてもそれなりにいるはずので、やはり恋愛しかないんじゃないでしょうか。もちろん恋愛になんの期待もしないという人はいると思うし全然かまわないのですが、そうでないと私の場合、誰か友人との関係の場合ですが人とのあいだの強制力がとても弱いわけです。人と会うことが好きでそれで何人もの人と会って関係を作っていくといったことができる人がいることはわかりますが、自分には無理だし、一人でいたほうが気楽だし、だけど誰か相手がほしい、でも積極的に友人と会いたいとは思えない、そうした人間が取れる方法は最終的に恋愛になってしまうと、これは論理的に考えてどうしてもそうなってしまうと思うのですが、まあこれは人によって違うと思うので、どうにかして終の相手を見つけるしかないんじゃないでしょうか。

あと今の世の中、彼女はいるけれどそれよりも同性の友人同士の関係のほうがいいというような人が多くいるらしい。ここでは男性に限定しますが、相手が女だと話は合わないし、面倒だし、それよりは友達と一緒にいたほうが楽しいし気も楽でいいという。私にとってはそれは贅沢というか、私自身がそんな状況に陥るとは考えられませんので、積極的に人と関わりが持てる人とそうでない人とでやっぱり二極化していませんかね。あと思うのは、友人同士で会ったりする意味はどうしても情報交換とか直接的なコミュニケーションが主目的になるように感じます。どこかの居酒屋やカフェで会って「やあ、最近どうしてる?」「実はさ~」といった会話が始まるみたいな。勝手な憶測で書くのですが、恋する相手に会うというのはそれとは違うところがあって、何はなくともただ会いたい、そうした感情のほうが先にある気がします。情報交換を目的としたコミュニケーションとは別の精神的感応があるというか、別に焦ってコミュニケーションをとる必要がないというか。私は普段読書等でファミレスを利用しているのですが、そこで見るカップルは特に何も話さずただ一緒にいるといった人たちを多く見かけました。それが結婚後の倦怠期のような状態ならどうかと思いますが、付き合っているころから言葉を交わさずともどこかわかり合えているという、長年連れ添った熟年夫婦のようになってもいいんじゃないでしょうか。

さて実際に夫婦となって家族になるとなると、随分と共通の経験をしていくはずで、子供ができれば共に成長を見守ることになるはずだし、夫婦間に先に書いたような精神的感応が生まれるのでしょう。ということで私のような人間が恋愛を望んでしまうのはやはり理にかなっているというか、その理由は説明できたと思うので、もはやどうしようもないという感じですね。

幸楽苑のラーメンが案外おいしかった

なんでも日高屋の汁なしラーメンやチャーハンがおいしいという話を聞きそういえば地元にも店舗があったな行ってみるかと店内に入ったもののメニューにはなく、もう終わってしまったのかおかしいなと思いながらも別なものを注文し、あとで母親に話したところ私の入ったのは日高屋ではなく幸楽苑だったらしい。それというのも日高屋があるのは関東だけで地方に店舗はないから行きたくても行けるはずもなかったのだ。

東京にいたときは数回入ったことのある日高屋だがそこまでおいしいイメージはなく、しかしいつの間にか日高屋幸楽苑に勝ち業績を伸ばしていたようである。まあとにかくも私が食べた幸楽苑のとんこつチャーシューめんはおいしかったので写真を載せておきたい。 

f:id:glamaje:20170611205005j:plain

麺はチープなビニール質(?)のいかにも大量生産の麺という感じだがスープがうまいのである。その後また二回目に行って味噌ねぎラーメンを食べたが、これもうまい。チープに感じた麺だがこれはこれで給食のソフト麺のようでこのチープさがいいように思えてきた。

日高屋にも行ってみたいが、幸楽苑コスパはよい。冷やし中華もあるし今後腹が減って手頃なラーメンが食べたくなった際には通いたい。

ツイッタのこととかのどうでもいいこと

最近私周辺のツイッター上で色々な出来事があったものの、このブログではツイッターをやっているということは特に書いてなかったのだが、それというのはいつ止めるかもわからんと思いながらツイッタでツイートしたり全くしなかったりしていたからで、以前のこのブログのエントリではツイッタのフォロワーさんのことも少し書いていたが、まあここでは自分のアカウントを公開していなかったわけです。事情を知っている人は私の周辺で何があったのかということは知っていると思うが、といっても別に大したことではないのであるが、まあそんなこんなで疲れてしまい、「六月は最も残酷な月」というある詩句の一部が思い浮かび、まあこれは正しい引用ではないのだが、梅雨も始まるしやはり六月はいい月ではない。といってもこれは日本のことで、ヨーロッパでは好天が続くらしく、またシェークスピアの「真夏の夜の夢」(夏の夜の夢)などは日本でいうところの真夏ではなくやはり6月下旬の夏至(midsummer day)のころの話ということで、あとジューンブライド(June Bride)はやはりそうしたヨーロッパの気候に適しているものであって、じめじめした日本の六月に結婚式をやるのは全くいいものではないだろう。

とここからもう少しして本題に入るはずだったのですが、記事の構成が悪いのはやはり気になるので記事を分割することにしまして、またどうでもいい話が続きます。 

私がツイッターが苦手なのはこうした文章を長々と書いている方が楽しくまたほんの少しは意味があると思えるからで、140字以内で短文を投稿しながら思考するのが本当に苦手で、ツイッタでなんら意味のある内容のあることは言えず、更にそうでなくとももう言いたいことは本当になくなっているわけです。

あとこのブログのアドレスはツイッタのプロフィール欄に書いておいたんですが、果たして誰が読んでいるのか、おそらく読んでいる人などほとんどいないと思うが、こっそりとわかるような機能がほしいのですが、アクセス解析は怖いので見れません。別にコメントがほしいわけではなくただ読んでくれる人がいるのがありがたいのですが、ツイッタにブログのエントリを紹介すると以前は少し“いいね”がついたりして大変ありがたかったんですが、逆につかないと不安になってくるのでもう紹介ツイートができなくて、ツイッタはいいねができないツイートができる機能を搭載してほしいんですが。

 

最後に。すもも姉さんはてなIDのほうをお気に入りに登録するのは別にいいので(それも嬉しいのですが)ブログの読者になってください。

料理のみならず、私に衣食住のスキルが全くない話

この記事は元々テスト投稿だったのだが(ツイッターでブログのアドレスを張り付けたときに最新の写真がサムネイル表示されてしまうのでそれを防ぐため、1px正方の画像を用意したらどうかと思ったのが、それは画像と認識されないようである)、nyaa0805さんにはてなスターをいただいたため、恐縮なのでnyaa0805さんの記事に応答するような記事を書くことで再利用したい。(記事に直接コメントさせていただこうと思ったのだが、私に勇気がなくてできなかったのである) 

nyaa.hatenablog.jp

さて私は、料理ができない。ほとんど、全くといってできない。作れるものといえば市販のルーを使ったカレーや牛丼、回鍋肉などといったものだけだ。nyaa0805さんの記事を読んで料理がスキルというのは、私もそう思って実践しようと以前は思ったものの、やはり自分にはできず技術を身につけることができなかった。

シェアハウスにいたころ同居人の人(男性)に「衣食住をちゃんとすると活力が生まれますよ」と言われ、その人は料理のできる人だったのだが、思えば私は料理のみならず他の衣と住に関してもだめで、服装はズボラだし、部屋はいつも散らかっているし、家事全般がだめだ。要は人並みに生活していく能力が全く備わっていない。そうした能力のなさが人生が失敗する根本原因だと思うのだが、これは努力によって改善できるのだろうか? つまりちゃんとした服を着て髪型を整え、部屋はいつも綺麗にし、料理のスキルを身に着ける。そうすれば人生は根本からよくなるはずだ。確かにそんなふうに思っている。

だけどできない。一体どうやればできるんだ? ほとんどできる気がしない。だけどできる人はまるで呼吸をするように難なくやっている。私は根本的におかしい。でも私と同じような人間は今の世の中きっと多くいる。だから安心しているというわけではない。でもなんともならない。

それでもなんとかなるたった一つの方法がある。結婚して相手にすべてを任せることだ。

2017年東北旅 2日目 仙台~石巻

その日の天気予報では曇りだったのだが、予報と違い外は晴れていた。疲れがまだ完全に取れていなかったので休憩するためにもネットカフェのすき家に行ったあと、泉区にある竜泉寺の湯に行くことにした。

ここはアニメWake Up, Girls!の2話に出てきた場所である。風呂は全国にある竜泉地の湯と変わらないようだが、休憩スペースが広い。だがテレビが常についていて音が聞こえるためあまり適さないが、ここで眠ることにした。

外に出ると雨が降っていた。その日は仙台の仙台大観音に行ってみようと思っていたのだが、面倒なこともあり諦めるしかない。仕方なくファミレスのジョイフルに行くことにした。 

f:id:glamaje:20170517052619j:plain

ジョイフル岩切店。なんとここにも六本木のサイゼリヤにあったようなコンセントがあり、これは自由に使っていいとのことだった。ランチの後1時間くらいで出る。

仕方ないので以前と同じ石巻のネットカフェに泊まることにして松島方面に出発。松島やああ松島絶景すなあ。瑞巌寺はもう時間なので見学できず。それに今回は雨ということもあり周辺のどこにも立ち寄らずに出発。三陸道は鳴瀬奥松島から先が無料区間なのでこれに乗って石巻で下りた。そこから以前にも寄ったガストに寄り、ネカフェのナイトパックが始める時間前まで少し休憩。

午後8時から自遊空間石巻店に入る。一番奥の席は換気扇の音がうるさかったので席を変えてもらったものの今度は近くのスピーカーから洋楽が流れ始めた。仕方なくまた一番奥の席に移動しやはり換気扇の音がするがこのほうがましである。ネカフェは空調それに音の環境も考えて欲しいものだが……

2017年東北旅 1日目 茨城~仙台

茨城から北上。とりあえずは国道6号線。もう6号線は以前に通ったのでそれからどの道を通ろうかと迷ったが、国道461から349に出て、更に118を行くことにする。何度も通っている道ではあるが、今回は棚倉町のあたりで真っ直ぐに突っ切り県道に入って近津駅のほうにいくことにする。再び118に合流し、このあたりで腹が減ってきたので以前にも食べておいしかった白河ラーメンの店を探した。

国道沿いにはラーメンショップがあり、ラーショはどの店でも味が違うのでそこでもよいと思ったが、ここはもう少し先にある「みそ善」に入ることにした。

道路の脇にたたずむ店舗。主に普通の味噌と黒みそが選べ、それに麺はちぢれ麺(オーソドックスな白河の麺)と太麺が選べる。黒みそとちぢれ麺にすることにした。 

f:id:glamaje:20170516155650j:plain

これが今までのラーメンでも最高クラスにうまいラーメンだったのだ!味噌といっても地元の味噌ラーメンとは違い味噌の味は強くなく、どことなくとんこつ味噌のような味だ。それに黒みそとニンニク、それに白河のちぢれ麺が非常に合うのだ。非常に感激しながら店を出た。大変おすすめの店である。

ところどころまだ桜が咲いているのを見ながら北上。あぶくま高原道路を東に走り(無料区間)、福島県小野町へ。B級スポットとして紹介されていたリカちゃんキャッスルに寄ってみた。 

f:id:glamaje:20170516155729j:plain f:id:glamaje:20170516155801j:plain

800円は少し高い……が、工場の中を見ることができるのは面白い。それから近くのスポットであるあぶくま洞へ。

17時で終わってしまうらしく時間はちょうど一時間前を切っていた。洞のなかは自分一人しかいない。途中で道が分かれる個所があり、岩肌の多い探検コースのほうに行くと追加で200円取られる。追加で金を取られるのは癪だが写真を撮ることができたのでよしとする。

f:id:glamaje:20170516155951j:plain

だんだんとあたりが暗くなってきたので仙台に早く到着するため国道349から4号の方に出ようかと迷ったが、結局はそのまま349を行くことに。宮城県丸森町のあたりで渋滞がありそれは回避したもののその後反対方向に進んだりして迷ってしまったが、それからはいい時間に仙台につくことができた。その前に国道沿いのラーメン店、魁力屋 仙台南店に行ってしまった。二食続けてのラーメンだが、これがまたおいしかったのである。

f:id:glamaje:20170516160103j:plain

ちょうど時間だったのでネットカフェの自遊時間に入った。以前の東北旅のときにも立ち寄った場所である。明日は天気予報で雨になっていたので、それほど長距離移動はあきらめていたため12時間パックにする。どうやら中が改装されたのかかなり綺麗になっているようだ。シャワーとモーニングがパック料金で付いてきて、ドリンクバーの種類が多く至れり尽くせりのネカフェである。シャワーに入ったあと疲れていたのですぐに就寝した。

朝4時頃目が覚める。それからネットで情報を収集していると、7時頃に予約していたモーニングが来る。早い時間に目が覚めたためそれから眠くなってしまったが、時間なので店を出ることにした。 

夏目漱石「月が綺麗ですね」検証 夏目さんはロマンチストだったのか?

月が綺麗ですね、とは? 

 小説家・夏目漱石が英語教師をしていたとき、生徒が " I love you " の一文を「我君を愛す」と訳したのを聞き、「日本人はそんなことを言わない。月が綺麗ですね、とでもしておきなさい」と言ったとされる逸話から。

 広く知られている話ではあるがこれはまさしく伝説であり、明治や大正の古い文献には登場しないという。

ツイッターでこんな投稿を見つけた。

 

 

 

 

作家の津原泰水氏の投稿。とても貴重な証言だ。ウェブでは様々な情報を手に入れることができるが、もちろん全ての答えがあるわけではない。こういった時代の証言は見つからないことが多く、だからこそ貴重なのである。

 では元の話は英語教師の間のジョークだったのだろうか。

「月が綺麗ですね」検証

こちらに文献等がまとめられていて参考になる。なんとここにグラスリップも紹介されているが、それはさておき一番最初の文献を抜き出してみよう。

 

『奇想天外』1977年11月号、奇想天外社、1977年11月1日発行

豊田有恒『あなたもSF作家になれるわけではない』 【6】翻訳の時代VI

 

夏目漱石が、英語の授業のとき、学生たちに、I love you.を訳させた話は、有名です。学生たちは、「我、汝を愛す」とか、「僕は、そなたを、愛しう思う」とかいう訳を、ひねりだしました。「おまえら、それでも、日本人か?」漱石は、一喝してから、つけくわえたということです。「日本人は、そんな、いけ図々しいことは口にしない。これは、月がとっても青いなあ――と訳すものだ」なるほど、明治時代の男女が、人目をしのんで、ランデブーをしているときなら、「月がとっても青いなあ」と言えば、I love you.の意味になったのでしょう。 (4-5頁)

 

「あなたもSF作家になれるわけではない」は奇想天外社発行のSF雑誌『奇想天外』1976年4月号から1979年3月号にかけて連載された豊田有恒のSFエッセイである。1977年11月号掲載分では海外作品を日本語へ訳す事が難しい事の例えとして夏目漱石とI love you.の話が引用されている(「月が綺麗ですね」ではなく「月がとっても青いなあ」という形だが)。現時点(2016年5月26日)では豊田有恒のこのテキストが最古の事例である。『有名です』と書かれているだけで誰から聞いたとかどこで読んだとかの説明は無い。

  

1977年(昭和52年!)の文献が初出だからかなり新しいわけで、それだけでも夏目漱石が言った言葉とするには相当に怪しいものである。

夏目漱石が英語教師をしていたのは有名である。先の津原氏の投稿と合わせて考えると、筆者の豊田氏のなかで英語教師=夏目漱石という連想が働いてしまい、それが広まってしまったように思われる。(なお検証のために「あなたもSF作家になれるわけではない」を買ってみたが、全部読むのは大変なので当該箇所を確認するだけで終わった)

その後、いかにも文豪らしいエピソードに思われるため、そのまま夏目さんが言ったものとして広まっていったものと思われる。

豊田氏はまだ存命中とのことなので、是非表に出て来て説明して欲しいものである。

 

透子「ロマンチストだったんだね、夏目さん」

幸「透子ちゃん、それ勘違い」

 

結論:夏目さんはロマンチストではなかった。