宇宙の片隅の記

神秘主義的思考により世界・社会・実存について考える

ラーメン二郎を訪問した(再び)

(この前の記事でスターを送ってくれた方すみません。もう少し文章量を増やしたいので記事を引っ込めてしまいました)

ブログで書きたいことはそれなりにあるものの一向に文章を書く作業が捗らないので一度身近な出来事について書くことにした。

時間があったので最近ラーメン二郎を訪問した。といっても初めてではなく二郎に行くのは実は二回目である。一度三田本店に行ったことがあるのだが、胃が全く空の状態で行ったためジロリアンには申し訳ないが食べ終わったあとに吐いてしまったのである。その後もう二度と行くものかと思ったのだが完全な空腹でなければ大丈夫ではないかとか、本店以外ならいけるのではないかとか、「ラーメン大(池袋店)」を食べたときはそれなりに余裕があったので実は二郎もこんなものだったのではないかとか、そんなふうに思ってしまったので懲りずにまた再チャレンジすることにした。よって簡単にレポートしたい。

さて向かうのは目黒店である。ここに決めたのは他の店舗よりも若干安く(小ラーメン500円)評価が高い店であること、目的地までの途中下車で行くことができたためである。目黒駅で降りると坂道を下るようにして店までそこそこ歩く。後半の開店時間は夜18:00で着いたのは18:30くらいだと思うが、狭い店内にはすでに人が数名いた。空席はあったので待たずに中に入ることができた。

小ラーメン豚入りの食券を買う(600円)。豚入りにするかどうか迷ったがいい具合に腹が減っていたのでいけるのではないかとそれにすることに。トイレに行き待つこと数分、店主の人が振り向いて目だけでコールの合図する。野菜増しにはしない。またニンニクも入れません。

さて食べ始める。最初はこのままならいけるなと思ったのだが、食べ続けるうちにやはりだんだんつらくなってきた。原因はスープに浮く大量の油である。やはり油少なめにすべきだった。それにとにかく硬く太い麺。これがなかなか噛み切れず呑み込めない。ほとんどスープを飲まず水も飲まないようにして懸命に食べていく。多く食べるときの鉄則であるが、しかし麺が呑み込めないときは水を含んで胃に流し込むことにした。

数分後、なんとかスープ以外はほぼ食べる終えることができた。改めて丼を見るとスープの上の油の量は幅1センチくらい浮かんでいるように見える。こりゃ食べ続けているとつらくなるわけだ。今回吐くまでは至らずそこまで気持ち悪くならなかったのが救いである。

f:id:glamaje:20170205012221j:plain

f:id:glamaje:20170205012222j:plain

さて肝心の味のほうであるが、十分に腹も膨れたはずなのに食後の満腹感はなく、ただ何か物を食べたという感覚だけが残った。食パンのみや乾パンのみで腹が膨れるとしたらそんな感じであろう。

二郎は二郎インスパイアと言われる系のラーメンとは全く違う食べ物であることに注意すべきである。二郎インスパイアはいくら盛られていてもまだラーメンであるが、二郎は事実ラーメンではない。というのはあの異様に太い麺、あれはもはやラーメンとは呼べず、最近どん兵衛のうどんを二郎の味にする方法というのがあったが、なるほどインスタントのうどんの麺をインスタントでなくしたような(だが当然本物のうどんではない)麺だ、あれは。

さて今回も食べ終わったあともう二度と二郎には行くまいと思ったが、時間が経ってくると今度は麺が柔らかい店舗ならあと1回くらい行ってもいいのではないかと思えてくるところが恐ろしい。だが行くとしたら次は麺なし野菜増し増しにしようと思う。それならば野菜にドレッシングをかけたようなサラダ感覚で食べられるのかもしれない。

 

ラーメン二郎は自己の身体に対する破壊欲求

私にはそのような欲求がないので、体が全力で拒否する

二郎は真言立川流のようなラーメン界の邪教