読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙の片隅の記

バイクブログです

3D映像・3D映画体験記

昨年2016年はVR元年と呼ばれ、いつの間にかヴァーチャル・リアリティ技術は私の知らないうちに飛躍的な進歩を遂げていたらしい。ViveやOculusといったヘッドセットが発売され、ソフトも既にかなりの数が出ているようだ。

その6年前の2010年は3D元年と呼ばれたとのことだが、家庭用3Dテレビが次々と発売されたもののあまり一般的に定着はしなかったようだ。今後VRがどの程度普及するかはわからないが、3Dの立体映像はVRの前段階としてある。ここで私が体験することのできた範囲での3Dを思い出して書いてみたい。

3D映画の歴史は以外にも古く、wikipediaでは1952年から1954年にかけて最初の黄金時代があったというが、それから現在のデジタル上映になる2005年まで間の記述が抜けている。だがその間も何度か3Dのブームがあったようだ。http://eiga.com/extra/oguchi/2/

私が初めて3D映像に接したのは地元の映画館で見た、赤青セロハンを張ったメガネをかけて見るアナグリフ方式の、『ウルトラB ブラックホールからの独裁者B・B!!』(1988年)だった。http://d.hatena.ne.jp/koikesan/20140910

20分の短編映画で、『エスパー魔美 星空のダンシングドール』『ウルトラB ブラックホールからの独裁者B・B!!』との同時上映だった。今では当然紛失してしまったが、映画を見終わった後メガネも家に持ち帰ったのである。

それとディズニーランドに行ったときアトラクション『キャプテンEO』(初演版)を観たことがあるが、これも同様のアナグリフ方式だったと記憶している。そのように最初の3D映像体験となるとまずあの赤青メガネが思い出されるが、今では知らない人も多そうだ。それからビデオゲームの映像は徐々に進化していったものの、3D映像の方面で特に技術革新は起こらず、どうやらしばらく下火になっていたようである。

その後3D映像を体験したのは2006年くらいだと思うが遊園地のとしまえんにあった、ゲームの『零~紅い蝶~』の映像だった。http://www.tecmo.co.jp/special/zero4d.htm

映画館同様のスペースで見ることができ、他のアトラクションとは別料金で一回500円だったはずだ。立体映像3D+体感効果ということなのか、和風ホラー4Dアクションという名称で呼ばれていた。体感効果というのはホラーだけあって途中椅子がいきなり下がったりするという、現在の4DX同様のギミックがついていた。ストーリーはよくわからなかったもの映像は今の3D映画と同じで、そのリアルさに感動した憶えがある。2005年の『チキン・リトル』がデジタル上映による初の3D映画ということだが、まだ当時デジタルの3D映像は珍しく、アナグリフ方式から時間が経っていることもあり、その時はリアルな没入感を体験することができた。これによって私は初めてヴァーチャル・リアリティ的なものを意識したのである。今はとしまえんのウェブサイトに記載が見つからないのでもうなくなってしまったものと思われるが、当時4DXの先がけのようなアトラクションが稼働していたということは、是非とも記憶しておきたい。

その後映画館でもデジタル3Dによる映画が上映されると知り、『ベオウルフ/呪われし勇者』(2007年)を観に行った。これはドルビー3Dの初採用作品であり、一般的な劇場で3D映画を見ることのできたおそらく初めての作品だと記憶しているが、正確なところはわからない。ただ『アバター』(2009年)が初めて3D上映の作品のように言われているがそんなことはなく、それよりはもっと早いのだが、もはや誰も覚えてないのかもしれない。

さて今や3D映画は冒頭に書いた3D元年を得て、結局家庭用にまでは浸透しなかったが映画館においては定着したといえる。だが今後しばらく技術面での大きな変化はなさそうである。

(次回更新予定のエントリーに続く)