宇宙の片隅の記

放置プレイブログ

4DX行ってきた

ずっと行こうと思っていた4DXの映画に行ってきた。観たのは『ドクター・ストレンジ』劇場はユナイテッド・シネマ、金曜日が会員デーなのでメンバーズカードを作ると安くなるためそれを作り、料金は計2900円。高い。席はどの席にしようかと迷ったがシアターのちょうど真ん中の席にした。 観客はほとんでいなくてほぼガラガラ。

 さてツイッターで上のような感想があったので行ったのだが、確かにいくつかのシーンは空間が横倒しになるエッシャーしていたが、それだけかなあ。最後は今後も続編を作る気があるような終わり方。

ストーリーの方はよくわからなかった。アクションが嫌いではないものの、どうも私はアメリカ映画のああいったアクションSFっぽいのが苦手なのかもしれない。どうも皆テンプレ的に作っているように思えてくるのである。

それはそれとして以下4DXと3Dについて

 

・映画が始まる前に本編とは関係のない映像で4DXギミックの洗礼を受ける。

・ウォッシャーはOFF推奨。メガネに水滴がかかる。だが誰もいないと自分と隣の席をOFFにしてもさらに遠くの席の水が飛んでくる。

・シアター内は暖房で少し暑いのに、時々ギミックで吹いてくる風が寒い。

・メガネの作りが少し雑。左右の耳をかける位置が合わないので上映前に壊さない程度に矯正していた。前にアバターを見たときはもっとしっかりしたメガネだったと思う。映画館によるのだろうが入場料が安くないのでここはちゃんと作って欲しい。

・3Dはやはり前の席がいい。もう二つくらい前の席でよかった。

 

まあ結論は、4DXはいらん。

 さすがにもう行かなくていいなあと思いました。やはり+1000円は高すぎる。最初は少し驚きましたがあとは椅子がただ揺れてるだけです(たまに肩や背中も叩かれます)。まるでマッサージチェアのよう。ただ3Dには行きたいので4DXでない3Dの上映にしてほしい。3D単体での上映がなく、3Dを見たければ4DXに行くしかない状況というのは厳しい。

 今ある映画は3Dの映画も2Dと同時上映であり、従来通りの2Dの文法(演出)で作っていると思う。だが3Dに特化した映画というのを見たいのである。ドクター・ストレンジを見て思ったことだが、車を操縦しているシーンで一人称的に運転する視点が続くのだが、それがリアルで自分が運転しているような感覚を味わうことができ、ずっと見ていたい。ところが普通の映画と同じようにすぐに画面が切り替わり別の視点になってしまうため、それがフラストレーションになってしまうのだ。これは他の多くのシーンにもいえる。3Dはやはり一人称視点に向いていると思う。2D版を作らない完全に3Dに特化した映画を制作し、3Dならではの演出を考えるべきである。

あと映画館内に劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-の宣伝があったのだが、3DでVRMMOものの作品を見てみたいと思った。たぶん向いているのでは思う。なにせVRMMOという別の仮想現実にダイブするという設定が3D映像そのままのギミックに当てはまるのだから。バトルシーンなどはうまく演出するときっととても面白いものができるはずだ。このジャンルで自分の納得のいく作品がないので是非とも作って欲しい。

そういえばゴダールの作った3D映画『さらば、愛の言葉よ』ってどうなんだろう。どこかの劇場でやらないだろうか。