読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙の片隅の記

バイクブログです

【コラム】Dream Theater 魂のスピードの音楽

久しぶりにドリームシアターを聴いた(といっても数日振りくらいだが)。携帯音楽プレイヤーで曲のシャッフルをしていたら"Honor Thy Father"に当たり、そこから続けてConstant Motionを聴いていると、これが「魂のスピード」の音楽ではないかということに思い至った。(なおこの「魂のスピード」という語を用いているのは前エントリで書いたマンコマン氏である。)"Constant Motion"はTunnel vision at blinding speedと歌い出し、その後very soulという語が出てくるとおり(英語がわからない私にはvery soulがどういった用法なのかよくわからないのだが)、確かにこの曲は「魂のスピード」というような疾走感を感じさせるのだ。歌詞も好きで、駆動するままにどこまでも進んでいく、といった歌だ。ちなみにメタリカに似ていると言われる同曲だが、メタリカの曲をよく知らないのでどれに似ているかわからない。またこの曲の入っているアルバムSystematic Chaosは全体的に見るとあまり良くないのだが、Constant MotionやThe Dark Eternal Nighは単体で聴くことが多い。Honor Thy Fatherや他にはThe Count of Tuscanyの冒頭など、ドリームシアターのあの駆け抜ける疾走感が好きなのだ。

(ついでに書いておくと超絶技巧や個々のメンバーのテクニックが称賛されることの多いドリームシアターだが、ドリームシアターの曲は単純にメロディが美しいと思っている。誰も言わないのだが。)

だが残念なのは、今のドリームシアターからそのような疾走感がなくなってしまっていることだ。原因はやはりマイク・ポートノイが抜けたからだと思っている。私が本格的にドリームシアターを聴きはじめたときにポートノイは脱退してしまっていたのだが、もうあのような曲が作られないと思うと本当に残念だ。ポートノイ脱退については各自意見があるところだと思うが、どうか戻って来て欲しい。